子供に習い事をさせる意味って?どんなメリットやデメリットがあるの?

子供が幼稚園や小学校に通う頃になると身体も知能も発達が著しくなり、親としても嬉しい限りですよね。周囲に習い事を始める子供が増えてくるのもこの時期ではないでしょうか。当然、ママ友同士の会話でも習い事に関する話題も増えてくることでしょう。そんな時に、我が子に何も習わせていないと何となく遅れをとったような気になって不安に感じるものです。

 

習い事は子供の頃から始めさせるべきなのでしょうか。習い事を始める際は、どのようなことに注意すべきでしょうか。子供に習い事をさせる意味やメリットとデメリットなどについてまとめました。

 

子供の興味ややる気を大切にしよう

子供が習い事を始めるきっかけはさまざまでしょう。兄弟がやっているから、親がやらせたいから、周りが皆やっているからなどの理由が主なものではないでしょうか。子供自身が友達や兄弟がやってることを知って「自分もやりたい」ということもあるでしょう。しかし、それは「お兄ちゃんに負けたくない」とか「お友達といっしょにいたい」というような発想が主で、その習い事に関する興味からとはいい難い理由が多いようです。

 

習い事をする意味を考えた場合にキーポイントとなるのは、子供の自主性ではないでしょうか。「やりたい」「やってみたい」という子供自身の興味から始めるのがベストだといえるでしょう。子供が楽しいと感じることは習い事をする意味でもありますし、続ける上でとても大切なことです。興味ややる気を親の目から確認するには、体験教室への参加が一番です。ですから、習い事を始める前には必ず親子で授業を見学し、実際に体験させるようにしましょう。

 

自信を持たせることに意味がある

子供の頃の成功体験はとても重要です。「何かができるようになった」「やり遂げることができた」という体験は、子供の承認要求を満たし自信を持たせることになるでしょう。こうした自己肯定感の積み重ねはその後の人生に大きく影響します。習い事はそのような成功体験の実現の1つとしてとても意味のあるものです。そうであれば、やはりある程度その子の適性を考えた選択が必要になるといえます。小さな頃は苦手なものを無理にやらせるよりは、得意なことや無理なくついていけることを習い事にすべきでしょう。

 

また、習い事の中には幼少期に始めることに意味があるというようなものもあります。バレエや水泳などは姿勢や体格に良い影響がありますし、楽器など音感に関するものは早期教育の重要性もあるでしょう。

 

習い事は無理のない範囲でさせよう

「子供のためになりそうなことなら何でもやらせたい」というのは親心でしょう。しかし、何事も無理は禁物です。まずは、幼稚園や小学校が優先、そして日常生活にも影響が及ばない範囲での習い事が基本になります。子供の身体は未熟なので、初めてのことは何でも疲れるものです。さらに複数の習い事は、数が多くなるほど肉体的にも精神的にも疲労してしまうでしょう。あれもこれもと手を広げ過ぎてしまうと、結局どれも続かないというケースも考えられます。また、子供の成長にとっては他の子供たちと遊ぶ時間もとても大切なので、習い事だけで毎日をうめてしまうようなことにならないように配慮することも重要でしょう。

 

また、経済的な無理にも気をつけましょう。教育にかかる期間は長いので、大学までの長い目線で教育費を考えておく必要があります。将来のことも考えた上で、あくまでも無理のない範囲での習い事を検討しましょう。

 

習い事にはたくさんのメリットがある

習い事には子供の健康をはぐくみ成長を助ける、芸術的な感性を養う、自分に自信をつけることができるなどさまざまなメリットがありますが、その他にも多くの利点があります。たとえば、学校や幼稚園以外の友達ができるということもその1つでしょう。とくに小学生高学年くらいになると、学校という閉鎖させた場所以外で友達を持っているということが大きな意味を持つこともあります。視野を広げることにもなりますし、辛い時の「逃げ場」になる場合もあるでしょう。子供自身がリラックスできる場所が家庭以外にもあるということは、とても意味のあることです。

 

また習い事の先生の存在も、先生や親ではない大人として時には重要な役割を果たしてくれます。尊敬できる指導者として、相談相手として、単に安心できる存在であるということだけでも子供の成長には何らかの良い影響があるはずです。

 

習い事は止め時も大切?

では、子供に習い事をさせる上でのデメリットとは何でしょうか。もちろん、多すぎる習い事には日常生活にもデメリットが生じます。それ以外も、やりたくないことを無理に続けさせるなどは、子供には大きなデメリットを生じさせることになります。

 

「継続が大切」という考えは多くの人に支持されており、中には「一度始めたら我慢強く続ける」ということをモットーにしている方もいるかもしれません。習い事を始める際に「得意な道に進んで、いずれはプロに」と考えているご両親もいるかもしれませんね。しかし、習い事に関しては継続だけが全てではありません。もちろん長く続けることはすばらしいことですが、止め時があることも事実です。従って、子供が止めたいと言い出した場合には、まず否定せずに丁寧にその理由を聞いてみましょう。かたくなに続けることを求めたり止めることを非難したりせずに、あくまでも子供に寄り添う姿勢が大切になります。

 

1つの分野を続けることは大切ですが、短い期間でも必ず何か残るものはあるはずです。楽器の演奏などは大人になってから再開することもできるでしょう。数や言葉などに関する基本的な学習でしたら、日常生活の中で親が徐々に教えることもできます。親自身が習い事への期待感が強すぎると子供の心に思わぬ負担をかけている場合もあります。子供の将来を大きな心で見守る気持ちが大切だといえるでしょう。

 

子供の習い事の意味を考える

子供の習い事には多くのメリットがあります。楽しく続けることで自分自身に自信がもてるようになるのは、子供の成長にとってとても意味のあることですね。学校以外での友達や習い事の先生とのつながりも大きなメリットの1つでしょう。スポーツや音楽などは早期に始めることのメリットも大きいです。

 

しかし習い事の数を増やしすぎると、子供の日常生活にさまざまなデメリットが生じます。また、親が子供の習い事に過度に期待することも避けましょう。子供が止めたいといった場合には理由を丁寧に聞き、一方的に非難することはやめましょう。