子供の習い事はいつから?習い事をするメリット・デメリットもご紹介!

お子さんが幼稚園や保育所に通いだすと、お友達に習い事をしている子供はいませんか?0歳から始められるリトミック教室などをきっかけに、小さいうちから習い事を始めている子供もいます。小学校に入学するまでには習い事を決めたいという家庭も珍しくありません。お子さんに習い事を始めさせようと思っても、いつから始めたらよいか、何を習わせたらよいか迷ってはいませんか?この記事では子供が習い事を始めるのに適した時期や習い事の種類、習い事に関するメリット・デメリットなどをご紹介します。すでに習い事を始めていて悩みがある方も、ぜひ読んでみて下さい。
 

子供の習い事はいつから始めるべき?

最近は0歳から習い事を始めている子供もいます。子供が習い事を始めた時期についての調査を行ったところ、0歳から2歳までの間という意見が30%、3歳からという意見が20%でした。つまり3歳以上の子供の半数は習い事の経験があることになります。3歳というと、幼稚園に入園するくらいの年齢ですね。習い事をするなら早いうちにと考えている親が多いことがわかります。子供の年齢別に適した習い事をチェックしてみましょう。

 

0歳児の習い事としてはリトミックなど、大人数で楽しく学べるものが人気があるようです。早いうちから始めることで抵抗なく順応できるという期待をうけて、英会話など言語教育も人気です。1歳~2歳になると、水泳教室など親と一緒に楽しめる習い事が選ばれるようになります。3歳以降になると幼稚園や保育所に通う子供が多くなり、集団行動が身についてきます。大勢で行う体操教室、ピアノなど音楽教室を始めるのはこの時期が適しています。さらに小学校入学前になると、勉強に関する習い事を始める子供もでてきます。このように、いつから習い事を始めるかというのは、習い事の種類によって異なります。子供の様子や興味関心をチェックしながら、習い事を選びましょう。

 

子供が習い事をするメリットは?

子供が習い事をするメリットは、習っている内容に習熟すること以外にも期待できます。例えば、水泳や体操教室などのスポーツ系ならば運動能力が鍛えられ、日常生活ではケガが減る可能性があります。サッカーや野球などの集団で行う活動ならば、忍耐力やコミュニケーション能力が高まります。文科系の習い事にもメリットはあります。ピアノなどの楽器系は、家でも練習する必要があります。毎日コツコツと練習することで継続力がつきます。また、運動系スポーツ系に共通して、何かを達成できたと感じることは子供の自信につながるでしょう。

 

世界が広がるというメリットも見逃せません。習い事を通じて将来やりたいことが見つけられ、同じ目標に向けて切磋琢磨する仲間と友情を築けることもあるでしょう。

 

子供が習い事をするデメリットは?

子供が習い事をすることには、デメリットもあります。まず遊ぶ時間が少なくなります。友達と遊ぶ時間が習い事で削られて、残念に感じることがあるでしょう。何個も掛け持ちして習い事をしていると週に1、2日程度しか自由に遊べる日がないという子供もいます。また、習い事で関わる友達や先生との相性が悪いことでストレスが溜まる子供もいます。小さいうちはストレスの原因をうまく親に説明できずに親子ともども悩んでしまう場合もあります。

 

お金の問題もあります。週に1、2回の習い事を体調不良でタイミング悪く休んでしまっても、月謝は変わらないことが多いでしょう。学校や家庭の用事で習い事をお休みさせる場合もあります。休ませる回数が多いと、月謝に見合った習い事をさせているのかわからなくなることもあるでしょう。また、スポーツ系の習い事ならユニフォームやスクールバッグ、遠征費用などが掛かります。文系の習い事でも楽器などの購入を求められることもあります。習い事を決める前に、かかるお金を計算しておきましょう。

 

子供の習い事はどうやって選べばいい?

子供の年齢によって人気の習い事、適した習い事が異なっていても、できれば子供が長く続けられる習い事を見つけたいですね。子供の習い事を決めるには、見学や体験教室を利用するのがおすすめです。子供が興味を持つ理由は色々あります。友達が習っているものを一緒に楽しみたいという理由や、テレビ番組でなんとなく見たものが気になってという理由もあります。お試しで体験してみることで、やっぱりこの習い事をやってみたいと気持ちが強まることがあります。また、楽しそうな習い事でも実際にやってみたら興味をもてなかったという子供もいます。

 

また、通学手段に無理がないか確かめておきましょう。平日仕事をしている親ならば、習い事に送り迎えをすることは難しい場合が多いでしょう。休日に習い事を設定するか、家に近い場所の教室を選ぶなど工夫することで、長く通わせやすくなります。小学生くらいの年齢なら、スクールバスも便利です。

 

子供が習い事を嫌がったらやめさせてもいい?

何回か習い事に通わせるうちに、習い事を嫌がる場合もあるでしょう。本人がやると決めた習い事ならば、簡単に辞めさせてよいか悩むのはおかしくありません。まずは、何が原因で辞めたいのか理由を聞いてみましょう。練習が面倒くさかったり、なかなか技術を磨けなくて自信をなくしているのならば、誰かに気持ちを聞いてもらうだけでも気分転換になる場合があります。子供は一時の気持ちで習い事を辞めたいと言い出すことが少なくありません。突発的に辞めなくてもいいように、気を配ってみましょう。

 

先生や友達とのトラブルや相性で、習い事を辞めたいという場合もあります。子供の努力、気の持ちようで解決できない場合は思い切って習い事の教室を変えたり、コースを変えたりすることも検討してみてもよいでしょう。楽しい気持ちでいることも、長く習い事を続けるポイントです。

 

子供の習い事はいつから始めても世界が広がる!

いつから習い事を始めても、子供の世界が広がることに違いありません。英会話のように、早いうちから始めたほうが順応性があるという習い事もありますが、ある程度の年齢になってから始めるのに適した習い事もあります。体操教室や音楽教室などは、集団活動ができるようになってからが向いている場合が多いです。子供が興味関心を持ったことを中心に、見学や体験教室に行ってみると良いでしょう。もし習い事を辞めたいと子供が言い出したときは、理由によっては教室やコースを変えることも効果的です。楽しく取り組むことで、長く習い事を続けられるでしょう。